Category
-

2016.09.14 Wed
-

TOKYOインテリアツアー(mangekyo ver.)

Category  Blog

dscn7637

東京白金台で新たなプロジェクトが始動し、先日現地調査に行きました。

その後、「TOKYOインテリアツアー(mangekyo ver.)」をしてきました。

もっと廻りたいところも沢山ありましたが、時間の都合上新しく出来た商業施設をメインに気になっていたところを見学してきました。以前行ったことのあるところも再度確認。

(※商業施設は印象に残ったお店を記述)

 

SAN TROPEZ → Gallery 916 → ときのもり → 雨晴 → OUR FAVOURITE SHOP → THE PARKING GINZA → agnès b銀座店 Rue du Jour → 東急プラザ銀座(Epoi Block/CASA VIA BUS STOP/THE APOLLO) → NEWoMan(TORAYA CAFÉ・AN STAND/GARDEN HOUSE /6<ROKU>/Drawing Numbers/Aesop) → BEAMS JAPAN → ミナペルホネンCall → 櫻井焙茶研究所 → CITYSHOP → Acne Studios 青山店 → BY PARCO → H BEAUTY&YOUTH → CIBONE → RATIO &C → JULIEN DAVID JINGUMAE SHOP → FRED PERRY SHOP TOKYO → YUI BOX → 中川政七商店表参道店 → ミントデザインズ青山店 → cuud

 

今回見て特に良かった場所

Kuwabara Favorite : OUR FAVOURITE SHOP /THE PARKING GINZA/THE APOLLO/BEAMS JAPAN/ミナペルホネンCall

Kodama Favorite : THE PARKING GINZA/THE APOLLO/BEAMS JAPAN/Gallery 916/Drawing Numbers/Acne Studios 青山

 

先日BLAKISTONで行われた「TOKYOインテリアツアー」のトークイベントの直後だったので、新たな角度から見ることが出来て良かったです。

保存

保存

保存

2016.08.24 Wed
-

TOKYOインテリアツアー 安藤僚子トークイベント

Category  Blakiston

ti

BLAKISTONで開催するイベントのお知らせです。

今の東京という街をインテリアを通して読み解く「TOKYOインテリアツアー」のトークイベントを開催します。

 

TOKYOインテリアツアー」 は、インテリアを通して今の東京を調査・研究することを目的に、浅子佳英さん(建築家、デザイナー)と安藤僚子さん(インテリアデザイナー)がおもしろい と思う空間を巡るツアーです。まちを高解像度のレンズで見るように詳細に調査し、一見同じようなもので飽和されてしてしまったかに見える東京のインテリア から、さまざまな可能性を発見していきたいと思い、2013年3月から1年間、12カ所のエリアをリサーチしてきました。ショップやカフェ、ギャラリース ペースなど、誰もが体感できるインテリアを眺めてみると、めまぐるしく変わるインテリアの集積としての東京の姿が浮かび上がってきます。一見、街と切り離 されて存在するように見える「インテリア」から東京をながめてみると、灰色の東京がいきいきと見えてきます。

これまでのツアーまとめた本「TOKYOインテリアツアー」(LIXIL出版)も絶賛発売中です。

 

今回は、著者の安藤僚子さんをお迎えして、ツアーを通して見えて来た、現在のインテリアの傾向、インテリアを見るうえでのポイント、面白い見方をお話いただきます。

現在のインテリアデザインを批評的な目線でお話頂ける貴重な機会です。ぜひご参加下さい。

 

———————————————————————————————-

PROFILE

安藤僚子 あんどう・りょうこ

1976年生まれ。インテリアデザイナー。デザインムジカ主宰。

1999 年多摩美術大学美術学部建築科卒業後、インテリアデザイン事務所に勤務。2009年デザインムジカ設立。主な作品に日本科学未来館《未来逆算思考》、情報 メディアを使った空間デザインの作品《スポーツタイムマシン》など。2014年第17回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞。アルスエレ クトロニカ2014(オーストリア)インタラクティブアート部門入賞。

 

———————————————————————————————-

INFORMATION

日時:2016年9月2日(金)18:00(開場17:30)

入場料:500円

会場:BLAKISTON/札幌市中央区北10条西16丁目28-145 拓殖ビル1F(JR桑園駅から徒歩4分)

お申し込み方法: 参加ご希望の方は、FBイベントページから「参加予定」をクリックして頂くか、info@blakiston.net まで、お名前、連絡用メールアドレスをお送りください。

・定員が満数になり次第受付は終了させて頂きます。

・会場に駐車場はございません。お車でお越しの際は、お近くのコインパーキングなどをご利用下さい。

・当日会場にて、書籍「TOKYOインテリアツアー」(LIXIL出版)の販売も予定しています。

保存

保存

保存

保存

2016.07.27 Wed
-

NOYMOND ORGANIC CAFE

Category  Work

_W1499052

「NOYMOND ORGANIC CAFE本店」改修工事のインテリアデザインを手掛けました。

 

今回の改修で、1階はオリジナルジェラートが楽しめるテイクアウト対応のジェラテリア、2階はランチプレートやパンケーキ、パフェなどで北海道食材を楽しめるカフェスペースになりました。

 

カフェの営業時間が10時から25時までと長く、様々なメニューが提供されるため、幅広いシチュエーションに対応出来るニュートラルな空間を目指しました。

_W149927_W149965

保存

保存

2016.06.06 Mon
-

FOUR SEASONS

Category  Work

_DSC0567

札幌発のアウトドアウェアブランド「FOUR SEASONS」のフィットショップ兼オフィスのインテリアデザインを手掛けました。

 

「FOUR SEASONS」は、オリジナルのスノーボードウェアやレインポンチョ、レインブーツなどをインターネットで販売しています。

このフィットショップでは実際に商品を試着することが出来て、気に入ったものをウェブサイトで購入するシステムです。

 

野外に映えるグラフィカルなデザインを引き立たせるため、空間はグレートーンのマテリアルでシンプルに統一しました。

2016.04.28 Thu
-

North Continent HOTDOG STAND

Category  Work

_DSC0556

札幌PARCOの地下2階にオープンした「FOODIES MARKET」。北海道で人気の飲食店10店舗が軒を連ねる小さなグルメスペースです。

その内の1店舗「North Continent HOTDOG STAND」のインテリアデザインをmangekyoが手掛けました。

 

North Continentは北海道産のお肉を使用したハンバーグ専門店で、札幌市内に2店舗を構える人気店です。両店舗とも過去に私達がインテリアデザインを手掛けました。

今回の「North Continent HOTDOG STAND」では、ソーセージやベーコン、パテ、リエットなどの自家製シャルキュトリを、北海道産じゃがいも北あかりを使用したモチモチ食感のいももちパンで挟むオリジナルスタイルのホットドッグが楽しめます。

 

施設側から設定された設計期間はおよそ2週間とかなり短い上に、厨房計画やサイン計画が作業の大部分を占めるため、クライアント、グラフィックデザイナー、施工会社や厨房業者と密に連携を取り合いながら進めました。

内装工事にかけられる日数はわずか5日間でした。面積的には私達が今まで手掛けた物件の中で一番小さな物件ではあるのですが、工期がかなり短いため緊張感のある現場でした。

自家製シャルキュトリを扱うお肉屋さんらしく、メインのマテリアルは白タイルにしました。

 

このプロジェクトでは「North Continent HOTDOG STAND」という店名を考案するところから関わらせて頂きました。

昔から様々な国の街角で目にする「ホットドッグスタンド」。今回出店する場所がおよそ1.5坪の屋台のように小さな区画であることや、「ホットドッグスタンド」というクラシックでアノニマスな名称がNorth Continentが持つ素朴で実直なイメージにフィットすると考え、店名に取り入れることを提案しました。